FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

ファイアダンジョンでバッグボール

「先日倒したラットマンのエクタク…」
この書き出しのインパクトで細かい話は忘れてしまった。倒したのにまだエクタクから解放されないのかおれら。。。
ともかくエクタクが盗んでファイアダンジョンに隠した物を回収してこいとこういうことらしい。

それはいいんだけど、最後に「今回は自分も同行しよう」とかって…?

Σ(゜д ゜

今回は違う驚き方をしてみました。
NPCのバーキーパーだと思ってたアンガスさんが歩いてくる!!
中に誰が入ってるんだ!という疑問はとうとう口に出せなかったがここに書いてしまったw

つーことで毎度厳しい制限を課してくれるアンガスおじサンにここぞとばかりに仕返しするチャンスだったのだが、逆に毒舌浴びせられて一矢も報いることができなかったり。

今回はNQ武器防具オンリーとかいろいろの決まり事の他に、Divine Furyに限って禁止という謎の制限。
Divine Furyは自分の回避率を下げて命中率を上げるという、いわば「肉を斬らせて骨を断つ」みたいな、騎士道の技でありながら武士道スピリッツを感じさせる漢の技である。
武士道が導入される前のオイラはこの技をこよなく愛用していたものです。

しかしファイアダンジョンでエクタクの隠し財宝を見つけて禁止の理由を知る。

箱、重い。。。。800ストーン以上ある。。。

だからPOTも赤だけ禁止か!!
何この嫌がらせ!!
何が悲しくてファイアダンジョンでバッグボール!

ねえ、オイラたちはまずあのオジサンをシメるべきじゃないですか?

とは言えませんでした。ええ。

でもNQ装備だけでみんなで力を合わせて戦う的なのは楽しくなってきたかも。
ファイアスティードずいぶん狩りましたよ。ルビーだけ集めてきて売ったら5Kにもなってホクホク♪
スポンサーサイト

| G/S | 17:26 │Comments2 | Trackbacks0編集

『失われた時間と手の中の未来』

「ブリタニアのイメージを勝手に具体化しつつ自キャラの背景など書いてみるシリーズ」第2弾です。シリーズ名が前と微妙に違うとか気にしないでくだされ。
徳之諸島のイメージを書いてみました。キンパツのサムライとか闊歩してそうなイメージを。
また無駄に長編ですが、前作と違って基本的に明るい話ですので安心して暇なときにでも読んでいただけるとありがたい。

 ≫失われた時間と手の中の未来 §1~2
 ≫失われた時間と手の中の未来 §3~4
 ≫失われた時間と手の中の未来 §5~6
 ≫失われた時間と手の中の未来 §7~8

ホントなにこの無駄な長編。

なおこの物語はフィクションであり、実在のカイエンが本当にヤマンドンを単騎で倒せるのかということなどとは一切関係がありませんorz

てか、どんなベテランのネクパラだって「張り付きで」ヤマンドンは倒せないよな…ということに書いているうちに気が付いたのですが、今さら話を変えれないということでそのままにしました。毒ブレス吐かないヤマンドンもたまにいるということにしてください…orz

ていうか、最初にお断りしているとおり、作中の徳之諸島にまつわる話のすべてがおいらの勝手な想像であって公式設定とかとは一切関係ないですから、誤解の無きようお願いします。
徳之諸島のオフィシャルなバックストーリーとかどこかにあるんじゃないかと思うんですが、武刀の天地公式サイトとかフラッシュが重いんで一度も見たことないし( ̄^ ̄)=3
公式サイトではBNNのワールドニュースを参考にしたりしました。あとは実際に誉島や禅都を歩いて確かめたこととか。

あと、UO世界での時間の経過、たとえば世界がFとTに分かれたのがUO時間で何年前かとかいうことについても、公式な設定とかあるのかもしれないけど、わたしは自分のキャラクター設定に合わせて勝手に決めちゃってます。ここだけの設定ということでなにとぞ寛容に願います
o(_ _)oぺこり

| ひとりで文芸部 | 23:09 │Comments2 | Trackbacks0編集

平穏な日々の危機。

もうここ3週間くらい、またモノカキにチャレンジしてたりしてほとんどログインしてなかったりorz
それこそリアル事情ってやつで平日は1~2時間しかPC向かえない(え、充分ですか?!)という中で、なかなか進まないうえに気が付きゃばかに長い話になってるし。うう。

でもお店はあまり放置するとやばいですから、補充のためログイン。ついでに、お店行く前にバルクもらいにミノック寄って、タウンクライヤーにニュースを訊ねたら
「ベスパーの墓地にオフィディアンが…冒険者求む」みたいな

Σ( ̄ロ ̄;

ほんとにこの顔文字よく使いますが、単語登録とかしてないんですよ。
いちいちF10キー押して特殊文字捜して(ATOK)入力してるとかそういう話でなく。

家から歩いてミノックまで来たけど、そんなことになってたとは知らなかったぞ!

Kayenにチェンジして墓地に駆け付ける。あああ、マジだ。
冒険者が集まって、オフィディアンがわらわらいて激突してる!!

中に、[fury] とかいう赤いオフィディアン。あれがボスか!
せめて一太刀!とイベーションして突撃。

一撃で死ぬ。

蘇生だ回収だとおろおろしてる間に、他の皆さんががっちり倒しちゃってくれましたが。

つかよ、元は墓地に沸いたんだろうけど、主戦場はどんどん移動して墓地からベスパー銀行へ向かう街道上。商店街っすよ。超やばいっすよ。
litaさんが来てたんでちょっとこの事件について語り合ったんですが、これ、今度はロストランドの勢力がベスパー進攻とかそんな話になったら超やですよ、ええ生産キャラ的には。プレイヤー的にはおいしいですけどさ。

| Ultima Online | 23:06 │Comments0 | Trackbacks0編集

お菓子をもとめてフェルッカへ行く。

おはようございます。北斗祭りのヒーローKeyenです。(レポート第13回参照のこと)

…とかゆう冗談はどうでもいい。

昨夜は、
「フェルッカにバウムなんとかっていう珍しい菓子を売る店があるらしい」
とレニさんが言うので、みんなでそのお菓子を食べにフェルッカのミノックに行きました。フェルッカも、みんなで行けばきっと怖くない!

銀行前にゲートが開いたので、そうだお菓子を買うならお金持っていかなきゃ、、、バウムクーヘン?1人前20gpくらいかな?いや、手の込んだお菓子だったりすると500gpくらいはするかもしれん。いちおう1000gpも持っていきゃ充分だろ。あんまり大金持って歩くのもフェルッカだと怖いしね。
ということで1000gpを銀行から下ろしてお財布に。

「ここか」とたどり着いた場所は。。。うへ。赤い名前が見える。。。
い、いや、赤ネームもお菓子食べに来たなら、襲ってはこないだろう。
とおそるおそる。ごめんくださーいと暖簾をくぐる。
そこでは2,3人のお客さんがお皿を前にくつろいでました。それと黒いワンピースに白いエプロンと帽子のかわいいメイドさんが2人。
えっとー、赤ネームはどのお客さんだ?いちおう確認しとこ。とカーソルを当ててみる。。。
うは

赤いのはメイドさんでした!

でもメイドさん、「いらっしゃいませ~」「お好きなお席へどうぞ」ととても礼儀正しい。
まあ、フェルッカで暮らしてれば、赤くならざるを得ないような事情とかあるのかもしれない。
いきなり大人数で現れた我々のために、せっせと椅子とか運んでくれるし。

メイドのお二人は、ギルドに所属しているらしい。
なんてギルドかな?とタグを読みとる。
えーと、MINOC SANZOKU DAN ...?

Σ( ̄ロ ̄;

ミノック山賊団かよ!!

ミノック山賊団って、悪い奴だってこないだレニさん言ってたし!!

もちろん、気付いたのはおいらだけではない。ギルドチャットで
凛さん「なんだか、ミノック山賊団の人のような気がするのですけど」
レニさん「気のせいだ」(きっぱり!)

そう言い切られてしまっては。
とりあえず席に着く。メニューはノーマルバウム、ホワイトバウム、チョコバウムにメロンジュースとあるそうです。気になるお値段は。。。
メイドさん「バウム980gp、メロンジュース480gpです」

Σ( ̄ロ ̄;

せ、1000gp持ってきてよかった。。。

そのとき、お客さんの一人が
「○○ちゃん(連れの人?)実はおれ金持ってないんだ。食い逃げするぜw」
メイドさん「何だって?!」
と、突然かわいいメイドさんの口調が変わったぞ!
メイドさん「ちょっと裏に来てもらおうか」
ひ、ひいい~
お客さんは裏に連れて行かれた。な、なんか戦ってる音がする。

1000gp持ってきてほんとに良かった!!

おれら無事にここから帰れるんかなー、と恐れおののきつつ、ともかく各自お菓子や飲み物を注文してしばし歓談。
おいらはチョコバウムを注文しました。1000gpしかないから飲み物たのめねえw

いちばん気になるお味の方はですね、金属の味がしました。ていうか固くて噛めませんでした。さすが山賊団仕様だ。

ぶつぶつ言ってると、蛍の光が流れ出した。もう閉店か。。。なんかぼったくりバーってこういうところのことを言うのかな。。。

とっとと会計済ませて帰ろう。おいらは980gpを払う。
と、クロさんが「金くれ」
「ごめん、もうこれしかないんだ」と20gpを手渡す。
それでもクロさんが喜んでレジに向かったので、ああ20gp足りなかっただけなんだな、と思ってたら
メイドさん「480gpになります」
クロさん「(泣き顔文字で)これしかない」って、20gpを差し出す…
ク、クロさぁぁぁん!命知らずな!!
メイドさん「何だって?!だったら、金目のものおいていきな!」

Σ( ̄ロ ̄;

ところが、お姉さん格らしいもう一人のメイドさんにたしなめられる。
んで、慌ててメイドさん「では、金目のものをおいていってくださいませ」
ってwww

まあ、包帯渡して許してもらえたらしい。一安心。

とレジでわたくたやってたらいつの間にか姿を消してたお姉さん格のメイドさんが、メイド服を脱いで戻ってきてました。
鹿マスクのワイルドなスタイルで、よく憶えてないんだけど
「慣れない言葉遣いで疲れたなぁ、新入り!」
みたいなこと言って。
「姉さん!まだお客さんが!」とかって焦る若い方のメイドさん。

ここに至ってレニさんが、
「貴様ら、ミノック山賊団だったのか!!」
みたいな。ちょwwwレニさんだけだよ知らなかったのw

「山賊団が、こんな店を開く目的は何だ!」

「じゃあ言ってあげるからよく聞きな!あたしらの目的はね、お頭が留守の間に女の子らしいことをしてみたいっていう、いじましい乙女心なのよ!」

Σ(TロT

足洗えよおまえら。。。

| G/S | 10:18 │Comments4 | Trackbacks0編集

死闘!vs熊の守り神?!

G/Sの集会に行く前に、きっとまたNQ武器で逝くんだろうからと、禅都に寄ってノダチを一振り購入。

禅都の鍛冶師「あれ、お客さん、先週お買いになったノダチはもう無くされたんで?(ぷっw)」

…とか言われそうな。

本日のお仕事。

イルシェナーの慈悲エリアあたりでグリズリーが増えて近隣住民が困ってるので、熊退治。





・・・素手



ナイフで殺ってこいと言われるなら、まだいい。
しかしソーズマンを名乗るこのオイラが、何で熊と素手で格闘orz

逃げるの禁止とかHP回復禁止とか、もちろん防具の装備禁止とかそんなことより、オイラのソーズマンとしての誇りがだなぁぁぁ。

「熊くらい素手で倒せないでどうする」と言われればそんなもんのような気がしないでもなくもないこともないような~

なぜか男たちは裸エプロン(レニさんとオイラ以外)。私服もおしゃれな女の子たちとはエライ違いだ。イルシェナー慈悲の神殿に現れた怪しい裸エプロン軍団。イルシェナーで暫く迷子。

どうにか集合して、作戦会議。レジGMの人がオトリ作戦。
来たクマー。レジGMのトモさんがまず攻撃をしかけ、さあ行くぞ!とオイラも突撃。

うおあ。く、熊の反撃!28のダメージ!30のダメージ!28のダメージ…うあーっ…(断末魔)

皆に名前を叫ばれて息絶えるオイラ。

てか何で。

まぁ、オイラのことだからなんか早まったのかも。気にせず次行きましょうか。
はい次きたクマー。
トモさんが攻撃開始したのを確認。よしオイラも行くぜ!とりゃー。
あう、熊の反撃!うあーっ(断末魔)

ねぇ何で。



まぁいいか。オイシイと思っとけ。

それよりパラゴン出ないかなー(普通の熊で死んだくせに。。。)

はいパラゴンキター。

のああ。グリズリーもパラゴンになると、6人が素手で殴ったところでちっともHP減らせねぇ。蘇生係の凛さん残して全滅。。。

6人も蘇生させるのは、凛さんもマナが追いつかなくて大変だ。
まぁパラゴンは後回しで、とにかく依頼の10頭を倒そう。

ちゃんとオトリ役が攻撃に入ったのを確認して攻撃に加わってるんだが、何故か熊はオイラをピンポイントで狙ってくる。何でだ?!そんなにおれが憎いか熊!!!

「かいえんさん、重なっちゃだめ」

…そうなんですか?もっと早く教えてよorz
いや、オイシイからいいけど。

と、徐々にコツをつかみつつ熊を狩り続ける我々。そこにさっきのパラゴン熊がのそのそとやってきた。今はこいつに手を出すつもりはない…

が、すれ違いざまにその金色の爪がトリッシュさんを引き裂いた。
な、何だとー!

一行を追いかけ回すパラゴン熊。逃げまどう我々。
どうやらカルマの低い者が襲われてるらしい。熊もパラゴンになると高いカルマを持つようになるのか…

なんとかパラゴン熊から逃げて、普通のグリズリーを発見、狩りにかかろうとしたら…

パラ熊がきたー!襲いかかってきたー!

この森で熊を殺すなと言いたいのか?!
パラゴンと化し高いカルマを得た熊は、熊の守り神となったのか?!



パラゴンから逃げ回り、ターゲットの屍よりおのれらの屍を数多く積み重ねて(文字通り積み重なって死んださ)ようやく依頼をクリアしたのだが…

さあ、次はあのパラゴンを殺るぞ!
と息巻くオイラだが、なぜかレニさんは乗り気じゃないなぁ。
まぁこれがバルロンのパラゴンとかだったらオイラだってさぁ帰ろうって言うんだがw熊ごときにナメられてただで帰れるか!オイラはこのナイフで殺るぜ!

とスキニング・ナイフで。イベーションとライトニング・ストライクも発動してざくっざくっ。熊ごとき、刃物を手にした俺様の敵ではないわ!

…と威張っても虚しいなorz



そのあとLV6トレハン行って死に、ブライテッドグロウブ見学に行って死んだ。実に普通の死に方だ。

ブライテッドグロウブの入り口でLenos元団長に会った(違うキャラだったけど)。
レニさんと団長が会ったらどんな会話するかなーと思ってたんだけど…思ってたとおりみたいな感じ(^^

| G/S | 14:53 │Comments0 | Trackbacks0編集

| main |

プロフィール

Sequel

Author:Sequel
Hokutoの鍛冶屋。
まぁもっぱら、へっぽこ剣士Kayenの日記
夢は大店のあるじ

【Second Life】
Nat Cyberschreiber

【ドラゴンクエストX】
カイエン SK930-647

【黒い砂漠】
シークエル@カルフェオンサーバー

Twitter

月別アーカイブ

権利表記

(C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved.

©Gamepot Inc. "Wizardry®" is a registered trademark of IPM Inc. All rights reserved.
Licensed by IPM Inc. to Gamepot Inc. Wizardry Renaissance™©2009 IPM Inc. All rights reserved.

Copyright (c)XLGAMES Inc. All rights reserved. (c)GameOn Co., Ltd. All rights reserved.

このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。