FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

衝撃的なニュースが飛び込んできた

パラリシャンによると、ヘイブンが廃墟になるらしい。

街が廃墟になっても、島に点在する遺跡は残るんだろうか?
Anwynはあの場所に残るんだろうか?
UzeraanやElwoodも新しいヘイブンに引っ越すんだろうか?
花壇やステージも本当に無くなっちゃうんだろうか?
池のカエルはどうなっちゃうんだろう?

書いてたらホントに悲しくなってきた。
スポンサーサイト

| Ultima Online | 19:44 │Comments5 | Trackbacks0編集

もてもての一事 +α

集会日。
ギルドハウスにて、ブラックロックや、怪しい黒ローブに対する評議会の動きなどについて語り合っていたところ、お客様がやってきた。
3人の女の子だ。知らない人だ。
依頼人かな?降りていってみると…
「わー、本物だー」
「やっと会えた」
な、なんだ。
「○○○○で見て…かっこいいなーって思って会いにきたんです」
「え、おいら?おいら?」
「はい。それにレニスさんも」
(私については)どう見ても社交辞令です。本当にありがとうございました。

しかしながら、まるで芸能人おっかけのように(汗)
「写真撮ってもいいですかー」
などと嬉しそうに言われ、調子に乗ってサインまでくばっちゃうオイラでした。

さらにその後、Botan店長やBlastさんのおともだちのYuiさん、ガブ家?のSooさんも次々現れて、本日のミッションを遂行することになった。

ミッションは、ブラックロックを消滅させることである。
レニさんがヘイブン島である人から託されたという大きなブラックロックのかけら2つ(@@;、サスケさんが掘り出した小さなかけらなど合わせて4つのかけらを、責任を持って消滅させねばならない。
それも、ただごみ箱に捨てるのではなく、大きいかけらを託してくれた人が納得するような形で完全に抹消せねば。

ということで
「Angusからの提案だ」
おお、久々にAngusおじさんの指令書が!

『イルシェナーの火山の洞窟でラヴァリザードを一頭手なずけ、さらにパラゴンボックスを入手せよ。そのパラゴンボックスにブラックロックを入れ、ラヴァリザードに食わせることで消滅させる』

相変わらず無茶なことを思いつくオヤジ健在で嬉しい(´∀`;

もちろんNQ武器でPM・召還・ペット使役禁止のG/Sルールね。
ところでイルシェナーの火山の洞窟ってどこだ?

それはイルシェナーの中央エリア(ガーゴイルエリア)にある火口。
あー、そう言えばここって全然来たことなかった!
イルシェナーに関しては、まだ(自分的に)未知のエリア満載だなぁ。
テレポの魔法を使わなければ越えられない溶岩の川は、ファノさんが書いてくれたスクロールでクリア。さらに溶岩の池の中の飛び石も魔法で次々ジャンプして…
崖を滑り落ちると、洞窟の入り口が!
ちなみにそこからまた崖を滑り落ちるとさっき通った道なんだが、ぐるっと回って滑り落ちるより、ロープとハーケンでも使ってよじ登る方がよくないか普通に考えたら。滑り落ちて安全な程度の崖ならよじ登るのも難しくないだろう…
まあそれはさておき。

洞窟の中は広そうだ。ラヴァリザードと火エレメンタルが棲息している。まずはこれらを狩ってパラゴンを涌かせるわけだが、手応えなさすぎだろーと思ってあちこち走り回ってたら…

うわあ。奥に古代竜がいた!!古代竜ですよ!!

いや古代竜はそっとしておこうと思ったが、皆チャレンジ精神旺盛なのでがんがん古代にも突撃する。

NQだけでも人数いればなんとか倒せるもんだな…

ダンジョンで賭場
こんなとこでも店を開くさすがのBotan店長。

というか店長は生産者だったということを初めて知りました。
その上普段着でここまで来ているという点に注目。

3頭の骨竜
倒した古代は全部Sooさんが蘇らせて、とうとう骨3頭に。
カカオ勢大活躍。

しかし火ワニや火エレのパラゴンは湧くもののパラ箱は出ない。
だんだん疲れてきた。

ひとやすみ
店長が作ってくれた椅子が重宝。

箱はあきらめ、ワニだけ一頭連れて帰ろう…ということになったとき

奥から悲鳴が。
あ、また古代に殺られた!じゃあ最後の古代を倒してから帰ろう。
と暢気に思っていたら…さらに尋常ではない叫び声があがる

ああああ、古代パラがついに涌いてしまった!!

さすがに地獄。
「何でも使っていいからとにかく倒そう!」
レニさんが叫び、全力で戦ってどうにか倒した。

いや、これはさすがにあるだろ?

しかしながら
「箱持ってねえ!」
「空気読め!」

仕方なくワニを一頭連れて帰り、箱は適当に持ち寄って
「Kuroiwa Tabeko」と名付けられたワニにいよいよ黒岩を食べさせるのか?

「まずは、ヘイブンで賛同者を募ろう」

深夜のヘイブンに赴き、ブラックロックを捨てようと叫ぶリーダー。
だが応じるものはいない。
かくなる上は、我々の決意の固さを見ていただくしか

タベコ

うん、見えないんだorz

最後に、黒岩を腹に収めたタベコの処遇ですが、飼い続けることはできないので、ヒスロス島の火口に放すことになりました。

さよならタベコ

ありがとうタベコ! ( ̄◇ ̄)ゝ

| G/S | 14:37 │Comments0 | Trackbacks0編集

愛の蝋燭を灯せ!死闘篇

事の始まり、とは言えないがきっかけはこういうことだ。
キャラクター名が刻まれた「愛の蝋燭」を入手できるクエストだが、どうやらその過程をすべて踏まなくても、最後に必要なアイテムさえ持って行けば、持っていったキャラの名前が刻まれるのではないか?
どうせなら「愛の蝋燭」に相応しい名前を持つキャラクターに最後の試練をやらせてはどうか。
とは言うものの最後の試練がどんな物かよくわからない。まずはKayenが挑戦して、その後もう一度最初からやればいい。
クエストアイテムの入手は1回限りではないらしいから、可能であろう

しかし予期しなかったことに、一連のクエストはどうやら一キャラ一回しか受けられないようなのだ。
「黒い心臓」の入手だけが、クエストに関係なく誰でも何回でもできる…ということのようだ。
となると、愛の蝋燭に名前を刻みたいと思うキャラクターは、少なくとも「Wrongで処刑人を殺せるだけの能力」および「Covetousの最下層にたどり着けるだけの能力」を持っていなければならないということである。

となれば、蝋燭を入手できるキャラは限られてくるか…と諦めたそのとき
「やってみなきゃわからないじゃん!」
「やるだけやってみてもいいじゃない!」
脳内でキャラクターたちがはしゃぎだしたのであった。

いま手元にあるキャラクターのスキルで、このクエストをクリアすることができるかどうか挑戦してみよう(もちろんソウルストーンによる入れ替えはなしに)。そう思いついたのである。

【続きを読む】

| Ultima Online | 21:07 │Comments0 | Trackbacks0編集

ブリタニアにおける徳・仮想現実世界の徳 &黒岩爆破実験に参加

Irwindは黒い心臓を手に入れようとDespiseへ向かった。
うろうろして、ある水晶玉の前にたどり着いたとき、突然水晶玉が語り出した。
水晶玉が語ったのは、どっかで聞いたことがあるような、しかし思いも寄らない悲しい物語。
うわー…なんかOL狩るのに罪悪感感じるじゃん。

狩るけどね。それが冒険者だから!

しかしIrwindはSudivaにSTR捧げて70近くまで下がった状態、しかもプレート腕が着れなくなったのを「まいっか」と代わりの防具も付けずに戦ってるんだから、非常に綱渡り。

やがて“咆吼が響き渡った”!どこだ。LV2入ってすぐのところにいた。

うわー。LOLのヒット1回でHP半分持っていかれるんですけど。
いやそれより…何コイツの固さ!!
いくらSTR80未満だって、ダメージ30以上は与えてるのにHPバーの右端にちょこんと赤い点ができるだけ。
む、無理だこれ…
Irwindはかなり回避濁装備なので、LOLの攻撃がほとんど当たらないのは幸いだが、2回続けて当たったら確実に死ねるから、逃げて回復して…ってやってたんじゃいつまでも終わらない。
途方に暮れつつも逃げ回り、外に出て回復しては戻りーと繰り返してたんだが…とうとう死んだ。ちーん

Despiseの外には今でもMzK団が集っている。
OooOoOooooO(すみません、蘇生お願いできますか)とぺこぺこ
MzK団の人たち「スキルない…」「私もない」
あらー、そうですか。じゃあヒーラー探します…
「キャラ替えてくるからちょっと待って」
え、そんな見ず知らずの私の為にそこまで
「Kal Ort Por」
「ちょっと待っててね^^」
うわー、申し訳ない><
そしてレイスの人が戻ってきて蘇生してくれた。
「回収つきあおうか?」
「ありがとうございます、すぐそこなので」
好意に甘えたものかどうか迷ってたら二人はずんずんダンジョンに潜っていってしまった。
装備を身に着けて追いかけ、回収。
そのまま3人でLOLを叩く。がしがし。
バーディング乗りドラの人がタゲ受けて、私が包帯巻きながら叩いて、レイスの人がEV出して、少々時間はかかったがLOLを倒した。
「こんなのいるんだ…」と乗りドラの人。
私は死体を探るが、心臓はない。
「心臓ありました?」
「あ、あった。これ何?」
う、助けてもらった上にそれ頂戴とは言いにくい。けど
「クエストに使うアイテムで、これこれこういう物がもらえます。もし使わないならください」
「すごくめんどくさい(クエスト)よ。あげなよ」とレイスの人
で、もらった。ありがたい~

人の親切がいつも心に痛いのは何故かしら(いやわかってるけどね)

x x x x x

んでKayenにチェンジ。
にわとり喫茶へ行こうかなーと思ってたら、G/Sのみんなは正義の神殿の浄化をやってるそうなので、そっちに行こうかと思ったところ
レニさん「カイエンはにわとり喫茶か?爆破実験するとき教えてくれ」

というわけでにわとり喫茶。

にわとりさんの技をひとつ伝授してもらった。


そうこうしてるうちに、レニさんが貴族の女性をエスコートしてやって来たりΣ

そしていよいよ爆破実験。にわとりさん所有のダンスホール(!)で行うことに。

3Dでダンスホールに来たからには



ブラックロックを囲んで踊るひとたち。

そんなイカレた人たちと一線を画すのは



FoAの再来をさせまいと参加した我らがリーダーである。

では、にわとりメイジAke Etaさんによるブラックロック爆破実験の様子をご覧いただこう。(画像250KBくらい)

【続きを読む】

| Ultima Online | 23:09 │Comments3 | Trackbacks0編集

堀師の密かな憂鬱&蝋燭クエスト2周目&北斗ダンス同好会

FlambergeのGGS消化にいつものDeceit前へ。洞窟へと足を運ぶと…

うわー。Oreがたくさん捨ててある…
持ちきれなかったのかノーマルOreが少し捨ててあることはよくあるんだが、これは掘った端から捨てて行ったとしか。

Sequelにチェンジして火ゴキ連れて行って全部溶かして持ち帰ったよ。
労せず500個弱のIngotゲット。でもなんか憂鬱。



Irwindは愛の蝋燭クエストでまずはWrongへ。てつおさんと会ったので、誘ってご一緒に。
さらに正義の神殿で長曽根家のBashさんと合流、3人でCovetous→慈悲の神殿。



レニさんとリタさんがフェルッカの酒場で踊ってるそうだ、とてつおさんから伝え聞き、Kayenにチェンジ、場所はたしかFミノック、デンへのゲート側だったと思う。ちょっとびくびくしながら駆け付けると。

フェルッカの殺伐とした光景の中で輪になってなにやら楽しそうな一団。
おいらも3Dにするから仲間に入れて!

そして

ダンス部(1)

皆が一体となって

ダンス部(2)

踊り狂う。

ダンス部(3)

筆舌尽くしがたい楽しさでした。

| Ultima Online | 21:21 │Comments2 | Trackbacks0編集

愛の蝋燭を灯せ!(The・キャラクター紹介)~予告編~

「欲望は、必ずしも忌むべきものではないわ。人を前進させる原動力となるものよ。
だけど、それは“愛”と“勇気”があってこそ…“愛”と“勇気”を欠いた欲望こそが、忌むべき“貪欲”なのよ。
いま私達は、レアアイテム欲しさに、“愛の蝋燭”を灯す為の戦いに赴こうとしている…
つまり、“欲望”と“勇気”がいま、“愛”を守るということだわ!」

「さすがアーウィンド、見事に物欲を正当化したね!」

Irwindはこういうキャラクター付けです。
まあイベントがいつ終わるかわからんことでもあるし、本編を期待しないで待っててください。

しかし欲に負けて黒岩交換する者がいるほどイベントが継続するということか…?

| Ultima Online | 21:56 │Comments0 | Trackbacks0編集

黒ローブ不加担運動に加担

≪ある日のシークエル家≫
カイエン「待てこら、ツルハシ担いでどこへ行く?!」
シークエル「どこって…掘りに行くに決まってるさ、仕事だもの」
カ「ほー。黒岩エレメントが怖くて掘りに行けないって言ってたくせに、今さらかい」
シ「いつまでもそうも言ってられないし…」
カ「…黒岩なんてそうそうみつからんぞ」
シ「な、何のことよっ!ていうかお前はいつから姉ちゃんにそんな偉そうな口聞けるようになったんだい!」
カ「Σ( ̄Д ̄;」

というような争いが脳内で繰り広げられております、今現在

というわけで
黒ローブ不加担運動

G/Sメン(および同盟メン)も
「黒ローブ商人にドロップして廃棄します」
とか
「全ての黒岩を交換して思ったんだけど、こんなことしちゃいけないよね」
とか言ってますので、みなさんもどうか!黒岩は捨ててしまいましょう!

ちなみにセキュアにしまっておくと、いつかその影響で家が吹っ飛んでクレーターの真ん中に引っ越しコンテナだけがぽつんと残されるという事態も予想妄想されています。

黒ローブ商人
怪しい商人たちを追いつめるG/S. 置かれてる本はリーダーが書いた警告チラシ

| G/S | 10:27 │Comments0 | Trackbacks0編集

謎の地下墓地

愛の蝋燭クエストで正義の神殿周辺をうろうろしてたら、謎の建物を見つけたよ。
中にアンデットモンスターがうようよしてるようだが、入り口はない…
そんな建物がところところに存在。ひとつだけ入り口のある建物発見。
中に入って地下に降りる階段を下ると…

そこには地下道があり、地下墓地へと通じていたのでした。
謎の地下墓地

入り口のない建物はみんな地下で繋がってたみたい。
いや今までこんな場所があるとは知らなかった。この地域はあんまり来ないところだったからな~

地下にはモンスターもおらず、なんか神聖な雰囲気。
3年以上やっててまだこういった発見ができるんだから、ブリタニア暮らしはやめられないね!



さて、ようよう3つのアイテムを揃えて愛の蝋燭クエスト達成目前。
「Kayenの名前入り蝋燭なんかいらないよ!」
「その3つのアイテムを、名前がカワイイ私にちょうだい!」
と欲のたけた女性キャラたちが(脳内で)大騒ぎし始めたのですが
「いやまだ最後にどんな危険があるかわからないんだから!今回は戦い慣れた(というか使い慣れたというか)自分が行かないと!」
とKayenが説き伏せて自らエンパスアビーの地下へ

結果。危険というか…必要なのはリアル注意力と記憶力と慎重さ?
あー疲れた。

なにはともあれ名前の入った愛の蝋燭を手に入れた!
まああんまり要らないカモネ。別キャラでも挑戦してみようっと。



世間は怪しい商人の話題でいろいろアレしてるようですが、やっぱここは欲に釣られるのはよくないんじゃないですかね、とブラックロックなんか始めから1個も持ってない私が言っておきましょう。

| Ultima Online | 15:23 │Comments5 | Trackbacks0編集

ぐーるぐる

最近は木こりをやってますね。
私が今住んでるミノックゲートの周りの森の木こりマップはほぼ完成して、とうとうミノックの街の中に進出しておるような状況です。

そして月曜日はにわとり酒場に顔を出しました。
なんと言いますか朱にわとりと桜木フェレットのアドリブのコンビネーションときたら、とても一人二役とは思えない素晴らしさでした。

かぶり物が仕込まれた椅子に座っておしゃべりしてたら、緑色の名前が猛スピードで近付いてきた。そして
一同「あ…」レニさんだ。と言う間もなく猛スピードで走り去っていきました。
「通りがかっただけ?」言ってたら戻ってきましたが。

パイは食べたし腹は満腹。というようなことを言ってたらにわとりさんが腹減らしマラソンコースに案内してくれた。というわけでひたすらマラソンコースをぐるぐるぐるぐる。落下ポイントに見事な墜死体を披露してやろうと走り続けたのですが、残念ながらHP0スタミナ1になっても死ねませんでした。そういう仕様らしいです。ちっ。
まあ美味しくピーチパイがいただけたので良しとしよう。

召還と変身のみを極めたIllusionistとでも呼ぶべきスキル構成のキャラ作ってみたいな、とふと考えた。
マゲ、ネクロ、霊話、忍術、スペルウィービングってとこか。
まぁ考えただけ。

| Ultima Online | 21:20 │Comments0 | Trackbacks0編集

すごく「オイシイ」スキル上昇スクロール。

以前手に入れたスキル上昇スクロール「Animal Lore 15 minutes」を使い、15分で1.0もスキル上昇させることができましたーが、ホントに微妙っすね。アニマルロアはテイム上げの過程で充分上げることができるからねぇ。

その後、昨夜手に入れたSudivaの涙?届けがてら赤モンスター退治。
新たにスキル上昇スクロールGET。何かな何かな?わくわく。

うおう!こ、これは!!

Forensic Evaluation 15 Minutes



検死スキル!!!!



話題作りとしては超オイシイと思いました。
誰か欲しい人いる?

| Ultima Online | 17:53 │Comments3 | Trackbacks0編集

第22回北斗祭り&愛のロウソクを灯せ

まずは第22回北斗祭りinマジンシア、sawer ratsのメンバーを捜す、とギルメンに告げて走り出すものの3歩歩くと目的を忘れ、似顔絵描きの行列に並び身動きままならないスタチューの人をつついて遊んだりしてました。


祭り後ギルドハウスに集合。レニさんがAPBを求めてるのだが売ってる店を知らないとのことで「砂漠の反対側の、知り合いの店(skyさんの店っす)で売ってたかな…」
でもルーンとかないし近いから歩いていこうよ。
するとレニさんが「いいことを思いついた。みんなでカイエンにフォローモードで付いていけば、おしゃべりながら歩けるぞ」
えー(´д`;オイラはしゃべれないじゃん。
「いいじゃないか、勇者カイエン」
「勇者は『はい』と『いいえ』しかしゃべらないんだぞ」
とか言われて。

ぞろぞろ。
「おおさそりがあらわれた!」
「カイエンは80のダメージ!」
「しんでしまうとはなさけない!」
とか楽しそうだなキミタチ。

けっこう砂漠越え遠かったです。
変に蛇行してたどり着いたのは、単にオイラが地理に疎かったからで決して嫌がらせじゃありませんよ。

無事APBをげっと。
ところで、この山を越えるとうちの別荘があるんだけど、遊びに来ない?
というわけで乾燥高地の別荘つーか倉庫にご招待。
パーティができる内装にしておいてよかったナリ。たしか食糧も備蓄してあったはず…うは、sakeが大量に備蓄してあったwww
あとはパンと魚ステーキと焼肉。菓子類がない…


そしてSudivaだかのところにみんなで行くことになりました。
Sudivaのところでおろおろ。いやオイラ前にパラリ読んでだいたいどうすればいいか知ってたんだけど、知らないとしたら?と考えて行動してみたんだが、知らなかったらホントに何すればいいかわからんですよ。そもそもコブトスのここに来ればいいということさえ。
最初に見つけた人すごくね?

そして、オイラまだ慈悲の神殿に行ってないので、コブトスから慈悲の神殿まで走る。走るうちに散り散りになり、オイラは迷い迷って漸く最後に到着しました。UOAM立ち上げておけばよかた。

んでデスパに。“LOL”を手分けして探す隊、OLを狩る隊と別れて行動。
OLを狩ってると「Lv1にいた!」とコールが入るもののLv3のOL島からそこにたどり着いたときには終わって他の人に取られてたり。

ところでOLって、所詮オーガの親玉くらいに思って気を抜いて狩ってたらなんかごすごすと逆に狩られました。こんなに強いものだったとわ。

「LOLがあらわれた!」とコール入ってOL島付近にいたオイラとレニさん、それっとレニさんの出したゲートでLv1へ移動してから「どこだ!」「OL島」うは。焦って出てきたゲートに飛び込んで戻る。
LOLを倒してSASUKEさんが手に入れた黒い心臓、オイラがもらいました。
あと1個要るのでさらにOLを狩り続けたのですが、なかなかLOLは出現せず「そろそろ帰ろうか…」

という感じでミッション失敗でした(´・ω・`)

| G/S | 13:05 │Comments4 | Trackbacks0編集

花に嵐

タウンクライヤーが「マジンシアに強風、桜が散っちゃうー」とか言うので行ってみた。静かだ…
いや、Air Elemental[strong]発見。襲いかかってキター(゚∀゚;

すげー怖いです。死ななかったのが奇跡みたいな。
しかも街の中を逃げて逃げて
「ふう、ここまでくればもう…」と思った途端背後に忍び寄る赤い名前。恐怖。

ギルチャで声をかけてきたレニさんに必死で恐怖を訴える。

やっと風エレから逃れてどうしたものかとうろちょろしてると、ずらりと整列した一団が。おお、討伐隊がついに到着したか!
…と思ったがなんだか様子がおかしい。
「みなさん、集まりましたかー?」「はーい」みたいな。
中の一人が話しかけてきた。「すいません、酒場はどこでしょうか」

よりによってこんなときに遠足に来てしまったのかああ!!

風エレが暴れてるよ、危ないよ、といちおう説明しつつ酒場まで同行。

それはそれとして討伐隊も続々結集しつつあるようなのでそっちに行ってみた。一太刀二太刀くらい浴びせて死んで、うろうろしてるうちに風エレは倒された。

G/Sのレニさんとてつおさんとサスケさんも駆け付けていたので
「せっかくだから花見するか」
ということで酒飲んで花見。風流な桜吹雪の下で飲む酒も美味い。

たわいない話を長々としてる間に、北斗祭り宣伝中のウルファンさんが来てクダまいて行ったりにわとりさんが立ち寄ったりカエルの人が立ち寄ったりして一緒にお酒飲んだりして花見を楽しみましたよ。

| Ultima Online | 16:05 │Comments0 | Trackbacks0編集

ヨコシマなことを考えた私がいけないんですよ(`д´)

というわけで一昨日の日記を今頃書きますよ。

イルマ猫の可愛らしさに釣られてゲーム卓に座っちゃったのが最初の失敗でしたが、例によって野球拳野球拳と囃し立てられたとき、色気無し格闘少女なイルマさんを野球拳で脱がすということにヨコシマな興味を覚えてしまった私がいけないのです。ええそれはよ~くわかっていますともさ。
しかし一瞬でもそんな卑劣なことを考えてしまったばかりに、窮地に立たされたオイラ。邪心をすててこちらもストイックに戦うことを決意。
裸にすることが目的ではない!これは名誉を賭けた、サイコロを握る拳と拳の勝負!
そう、少しでも邪念を持ったなら負ける。その覚悟があったからこそ、この戦いに圧勝できたのです。

というわけで私もいろいろ反省をいたしまして、これからはイルマさん/Ake Etaさんを見習って色気抜きのカワイイ系を目指したいと思います!

そしてもう某エロ女王様に関してはすべてが呪いの言葉に化けていくわ…

| Ultima Online | 21:37 │Comments3 | Trackbacks0編集

2つあれば安心

リアルの話だが、ネットサーフィンしてたら突然回線が切れましてな。
それだけならよくあることなんだが、再接続しようとしたら
「モデムに問題があるっぽくて接続できません」というようなことを言われたんだ。おや?
コネクタは全部きっちりはまっている。もちろんTAのPWRも点灯しているが…
もしや、電話はどうだ。…果たして、電話はツーツーも言わない。

こ、これは一大事。NTTに連絡…えーと、電話の故障は113、って電話が故障してるのに電話で連絡しろって無茶言うなよ!!!携帯からかけられる番号書いとかんかい!!!!!

料金通知の隅っこに小さく書かれた連絡先発見して携帯電話からかけてみた。
「ただいまの時間は留守番電話で…」応対時間は9時17時だとよ。おめーらちったあ客の身になれ!!!!!

このまま電話使えなかったら超困る。何が困るってUOできないのが唯一にして最大の困りごとだという救いがたい廃人。

落ち着け落ち着け。果たしてこれは外部の問題か?そう、例えば床の上にのたうっているケーブルが踏まれ踏まれた揚げ句断線した可能性は?

それを確認しようと、まずは全てのケーブルをTAから取り外したところで、異常に気付いた。

なんで何も繋がってないのに、ERとか点いてるんだ?

TAの故障か?
TAを交換すれば直るかも!

ああよかった、うちにTAが2つあって!!
ええなぜかあるんですよ、もう一つ。物置の奥から引っ張り出してきて取り替えたら、電話繋がりました。パソコンもインストールとかして繋がりました。

ああ本当に2つあってよかった(´∀`)

それにしてもまぁ、酷使してきたからなぁTA…ご苦労だったよ。
名前つけておいてやればよかったよ(パソコンとか携帯電話とか車には名前をつけてみたりしているw呼ぶわけじゃないけど)
戒名でもつけてやるか。



というわけで無事にわとり喫茶を訪ね、みろちゃんと夜明けの青汁を一緒に飲んだりホコツソウル氏と熱いバシネット談義をしたり。

毒POTの影響と装備の毒抵抗はどうやら無関係ではないらしい。
PR68のおいらはD毒でも死ねなかったんだけど、軽装の人はしっかり死んでたし中でも全裸のホコツ氏は猛スピードで死にまくってました。

| Ultima Online | 20:55 │Comments0 | Trackbacks0編集

行ってみよう!

「本物の“真実の本”が見つかってライキュームに置いてあるそうだから、見に行かないか」

行ってみよう!
ライキュームのどこにあるんだ?と走り回って。
謎の隠し部屋に置いてあったよ。

本物の真実の本

奥の方に開かない扉とかあったりして「手抜き工事だ!」という意見もあったがきっとあの扉の奥に何かすごいことが隠されているような気がしてならない。


ところでレニさんは前回の依頼の遂行でDOOMに行ったときに、なんと堕落した獣との戦いを讃えてドラゴンスレイヤーをもらっちゃったそうだ。

「俺が示した条件で古代竜を倒した者に、このドラゴンスレイヤーをやろう」

その条件とは!?

「カイエンの店で買ったHQ防具のみ装備」

ぶwwwww

もちろん騎士道・武士道禁止。
じゃ、じゃあ誰も挑戦者いないなら俺がやるよ。まあ5秒で片が付くがな!

んでそのHQ防具って…ヴァロライト鎧かと思ったらB皮鎧ですかい。
武器はドラスレ。ベスト付きなのか。

そしてダスタードへ。いくぞ古代竜!とりゃー!

予告通り5秒で殺られました!!!!

まぁ、保険かかった装備はサスケさんに預かってもらったんで、心おきなく何度でも散ってみせますよ。とりゃー。

ていうかさすがAF。タク無し騎士無しでも確実に30以上のダメージですよ。カース食らうとちょっと減るが。
しかしこっちは1回食らうと75~85のダメージ、スタミナごっそり持っていかれる。赤POT何本飲んでも足りぬ。

「武器の振り周期と相手の攻撃周期を読むんだ!」とかアドバイスされるがそんな高等なことできるPスキルなら普段の装備と武士道でとっくに古代竜倒しとるわーーー

つか古代竜のテレポ反則過ぎ。
せめてさ、モンスが呪文使うときの詠唱聞こえて(見えて)てもいいと思わね?プレイヤーのは聞こえるのに!

いや、おいらにしちゃ根気よく頑張った方よ?でもこれ以上続けたら中の人が血ぃ吐く…

「じゃあ、最後は何を使ってもいいから倒せ!」
と言われるが、ベスト武器でイベーションは使えない(って今初めて知ったんだけどね)、すでにダメージ与えてる相手にパーフェクション取りはできない、使えるのはLSくらいです。武士道もそんなに使えるスキルじゃないのよ?(おいらだけかもしれんが)

みんなでHP減らして、トドメだけ刺させてもらいました。

もちろんSSなんか撮る余裕ないっす。


さてGHに戻って。

「ところでマジンシアの桜は咲いたのか?」

行ってみよう!

マジンシアの桜

既に満開じゃん!
花見の用意もしてあるし。なんつーか…ここブリタニアなんだけど日本でもあるっていう、そういう感じが好きだw

花を愛でつつ酒を飲み、神殿が襲われてる件についての話題になる。

行ってみよう!

正義の神殿

お祈りの言葉はなんだっけーとか。
神殿に酔っぱらって大勢で押し掛けて騒ぐおいらたち。ばちあたりめ。
真面目にお祈りに来た人たちに迷惑そうな目で見られたり…^^;


そんな感じでいろいろでした☆

| G/S | 18:06 │Comments0 | Trackbacks0編集

店長のいないカカオなど敵ではないな

カカオにもなんか久しぶり。
店長不在で、ウル姐さんがお一人でディーラーをやっておりました。
そこでイルマさんがひと仕事。ゲーム台の両脇に木のテーブルと追加の椅子を並べて5人同時プレイが可能に!!

かくしてウルさんは一人で5人相手にするという鬼のような状況にありながら、しぶとく戦っておられました。が 最後にはちゃんと勝たせていただきましたよハッハッハ。

店長~早く戻ってこないとオイラがカカオ潰しちゃうよ~。へっへ。

副店長氏はコスプレして踊ってるだけだし。

| Ultima Online | 21:54 │Comments5 | Trackbacks0編集

愛の蝋燭

ベスパーの北の献身の神殿あたりで何かが起きていると聞いて行ってみたんだけど、別に何もなかった。特にモンスターが増えてるようでもないしマントラを唱えてみても何も起きなかったし。

その後、にわとり喫茶に遊びに行った。
「カイエンさん、愛の蝋燭はもう手に入れましたこけ?」
「愛の蝋燭?」
「こんなのです」
と、バイト店員のEllineさんが見せてくれた。白い蝋燭…しかも名前が入ってる!?
うっわー、欲しい。
「どこで受けられるの?」
「あちこち回らなければならないのですよ…」

詳しく聞きそびれて結局、今日になってパラリさんを見た^^;
ガーゴイルのNPCを訪ねて、ベスパの北の森に向かう。

?!
ナイトメアがいる?!こんなところに?!
あ、赤ネーム…これが神殿を襲っているとか言うモンス?倒さねば!
さすがナイトメアは固い。

そこにマミーも涌いてきた。こいつも倒す…え、えええ。マミーってこんな固いもんか?!
はう。通常のモンスとは違うのか…

メアとマミーをどうにか片付けて、さらに森の奥へ進もうとすると…
うひゃああああ。なんじゃこりゃああああ。
赤ネームモンスがひしめき合っておりますがな!!

こうなると魔法抵抗があってやっぱりよかった。パラで足を止められないのが幸い、ガーゴイルを探そうと走り回るが赤いガーゴイルしか見つからない。

つか、この辺に住んでる人たちにとってはコレはあんまりじゃないのか
(´д`;

と、とある家にて、見覚えのある黄色い名前。看板を読むと…G/Sの同盟ギルドTSoZのギルドハウスであった。そういえば以前1,2度来たことがあるが、ここにあったのか。
まあ誰もいないようなので、一度その場を離れる。そして、猛スピードで走り去る風さんとすれ違う。
そこで、もういちどTSoZのギルドハウスに引き返してみる。風さんはいないようだ。落ちたのかな?上がり込んでみると…

風さんの死体が!!
なんてことだ。風さんの霊は近くを彷徨っているのだろうか。
待ってみるか…は、家の周りがこうモンスだらけでは戻るに戻れまい。玄関先だけでも片付けておいてあげよう。とりゃー。

…はい返り討ち。どうにか家の中には駆け込んだが、まあ見事に風さんの死体に折り重なるようにして倒れたw

そこに風さん颯爽と帰還。さっくりドラゴンを倒し戻ってきた。
のこのこと姿を現し蘇生してもらうオイラorz

「ありがとう…」
「ちょうど良かった、PSCだけどPKが多くて手こずってる、助っ人に来て」
「うはwwwww無理wwwww」

まったく役に立たないオイラでした。



で、もういちどパラリを見る。どうやらガーゴイルの人がいるのはここから湾を挟んだ対岸らしい。
ようやくガーゴイル氏に会うことができたが、

*あなたに興味がないようです*

えええ。何で~?!

しばらく悩んだ揚げ句、ぐぐってたどり着いたのがやっぱりパラリのBBSだった。ほんとうにパラリさんにはお世話になりっぱなしです。
なんのこたない、同時に受けられるクエスト件数の上限に達していたのであった。

で、ようやくガーゴイル氏に口を聞いてもらえたわけだが…なんかこの人言ってること難しいよ…(´д`;噛み砕くのに苦心する。
んでお遣いを引き受けてエンパスアビーの人のところに行ったわけだが…この人の言ってることも非常に理解が困難だ…

まぁともかく、神殿に行ってみればいいんだろう。まずは献身の神殿から行こう。
というわけでみたびベスパの北の森。今度は献身の神殿に向かうわけだが…うえ。ここも赤モンスだらけ!昨夜はなんもいなかったのに!

1,2匹ずつ引っ張ってきて倒してみるものの…あ、なんか出た。Scroll of 何とかいうのが!!

わあい、やったあ!!!何のスキルかな?

「Animal Lore 15 minutes」

…びみょー。

いや、それはこの際どうでもいい。この有り様ではとてもじゃないが神殿にたどり着くなんて無理…

うーむ。モンスを倒して神殿を守れば、愛の蝋燭の浄化だかなんだかに必要なアイテムが入るんだろうけど…

名誉の徳使って神殿前にリコアウトしよう。
もう恥も卑怯もあったもんじゃなしです。

しかし、そうして神殿におもむいてみると…神殿は真っ黒。うわーこりゃ見るからにダメっぽい。
いちおうマントラ唱えてみるが「神殿はあなたに他のことを望んでいるようです」
…ううう。わかりました。ゴメンナサイ。

しかしこの大量のモンスを片付けろって言うんですかいこのオイラに。はっきり言って一人じゃ無理っすよ。とりあえず頑張ってみますが。スクロールがもらえるかも知れないことでもあるし…

と、ちまちまとモンスを狩るうちに…3,4人ほどの冒険者の姿を見かけるようになり…ふと気付くと、神殿の黒いもやが消えている!

ううう、便乗便乗。お祈りしたところ



「瞑想するあなたの脳裏に………積み上げられた財宝が………あなたは強い欲望を抑えようと…」



何となく、オイラにこの試練は乗り越えられないと感じた




ところで、「愛の蝋燭」と聞いて淫靡な響きがとか言う人たちは、はっきり言ってココロが汚れていると思います!オイラなんか一部の人にはエロスとか言われてるけどココロはピュアだから、そんなこと全然思いつかなかったよ!どっちかっていうと「愛の十字架」とか言われた方がドキドキするっつーかげふげふ

| Ultima Online | 20:55 │Comments2 | Trackbacks0編集

側にいる君との物理的な距離

というわけで久しぶりにGHに顔を出したんだ。
人数が集まって、酒を飲みながら雑談してたら

Fさん「地震だ!」

「結構揺れた?」「こっちは平気だよ」などとわいわい言いながら1分以上は経過したと思うんだが…

ぐらぐらぐら。

おいら「!きた!今こっちにも揺れが来た!」

大地の波が伝わるラグさえ超えて、僕たちが今ひとつの場所にいるという奇跡を実感したんだ。



ところでギルドハウスの玄関先に、どこかで見たような人形が飾ってある。
どうしたんだあれ。
「お隣さんが、引っ越すときに置いていったんだって」

引っ越しちゃったの?!や、やっぱG/Sの隣がいやになったのか…?

2006年12月24日の件

2007年2月11日の件

「楽器うるさくしてごめんなさいって手紙が入ってたんだって」

うはああ。やっぱりそうかorz



さてさて。そんな話をするうちにお客様が。RENOさんです。
依頼内容「店で売る8thスクロール8種各50本。ただし天然物に限る」

そ、それは大変だ。古代竜何頭狩ればいいんだ?
…とおいらはその時思っていたのですよ。

いや黒閣下にしようという話にまとまり、10人以上のパーティで蜘蛛城へ。

ついでに宇宙部屋に寄り道、宇宙部屋初体験したりしつつ

黒閣下の部屋に到着ー。倒せ倒せ。

「8thスクロールを持っていないような気がするのですが…」

なんと黒閣下は8thを持っていない?!
じゃ誰が持ってるんだ?やっぱり古代竜?

ということでダスタへ突入。古代竜を屠る。

「そもそもスクロールを持ってないような…」

ありゃりゃ。じゃ影竜なら持ってる?上に上がって影竜を倒す!

「8thはもってないねえ」

じゃあ、誰が持ってるんだよー!
「リッチロードは持ってないの?」
「だんだんモンスのレベルが下がっているような…」
まあいい、行ってみようぜ。

名誉ゲートから、消えかけている道をたどってグエノの墓を目指す。
リッチロード発見。倒す!

持ってない…

オイラはここでリタイア

ほんとにDOOMの親分しか持ってないのか8th?!

| G/S | 15:08 │Comments7 | Trackbacks0編集

| main |

プロフィール

Sequel

Author:Sequel
Hokutoの鍛冶屋。
まぁもっぱら、へっぽこ剣士Kayenの日記
夢は大店のあるじ

【Second Life】
Nat Cyberschreiber

【ドラゴンクエストX】
カイエン SK930-647

【黒い砂漠】
シークエル@カルフェオンサーバー

Twitter

月別アーカイブ

権利表記

(C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved.

©Gamepot Inc. "Wizardry®" is a registered trademark of IPM Inc. All rights reserved.
Licensed by IPM Inc. to Gamepot Inc. Wizardry Renaissance™©2009 IPM Inc. All rights reserved.

Copyright (c)XLGAMES Inc. All rights reserved. (c)GameOn Co., Ltd. All rights reserved.

このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。