FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

ルナ炎上、アナバー

昨夜は悪い奴らがルナを襲撃するという情報を受け、ルナに向かいました。

…なんで悪い奴らってこうも強い。一撃60~90ダメージとか。
でも、そんくらいないと冒険者のグループパワーには対抗できないか…

あらかた片付いた頃、ドーンさん登場。遅いよー。というのはまぁいいとして。

正直、ドーンさんの演説にあまり共感できなかった。シェリー嬢のときもだったが…
カスカを王と認められない点にはもちろん同意だ。
共感できない部分はあれど、カスカやSLを排除する為に共に戦おうってカンジ。



北斗祭り。
歩き回ってたら、八百屋(Farmar's market)の裏のバーでファノさんが1人で飲んでいた。
バーといっても空き店舗のようだ。よし、おいらが酒場やっちゃおう。
八百屋の裏の狭い隙間に設えられたバーで、ちょっと路地裏の穴場風っていうか、いい雰囲気。

「仕入れがめんどくさいから出す酒は無いけど、ゆっくりしていってネ!」 とかふざけてたら、レニさんらがやって来てカウンターの中に立った!チャンス!
I*Hの皆さんを呼び込んでくるから、レニさんはそこから動くなよ!!w

「ほすとくらぶG/S亭やってるよ!」 と、I*Hの皆さんをご案内。

レニさんは逃げもせず、律儀にバーテン?を務めていらっしゃった(´∀`)

赤いフード付きローブを着たお客さんに小遣いをせびられ、
「かわりに何かくれるかい?」ということで、ネクロスペルブックと1000gpを交換。
ファノさん 「質屋もやってるのか」

質屋バーG/Sになりました!

しかしレニさんがバーテンやってるという以外、何の盛り上がるネタもないこの酒場。
おいらとクロさんの野球拳でも見てもらうしか…と覚悟したところ

凛さんがカラダを張った!
ミナクス様風ボンテージ衣装で登場!

セクシー効果もあって次々お客さんが来てくれたよ。
「こんなところに酒場が…」
おいら 「穴場です」
「穴場の酒場か」
凛さん 「穴場の酒場、アナバーです」

店名はアナバーに決まりました!!

結局おいらとクロさんが野球拳したり、おいらがお客さんと野球拳したり。

そんな間に、“至高の巨匠” もご来店くださったり!!

巨匠 「ガード下の飲み屋みたいな雰囲気だ」
そうそう、そーゆー感じ!!><b

そして祭りも終わる時間に。
あー楽しかった(´∀`) おいら野球拳してただけだけどw

ギルドタグを隠して、ずっと最初の席で飲んでたファノさんが、
「もともと、私がここで1人で飲んでたのに…」

騒がしくしてすいませんw
スポンサーサイト

| G/S | 15:59 │Comments7 | Trackbacks0編集

| main |

プロフィール

Sequel

Author:Sequel
Hokutoの鍛冶屋。
まぁもっぱら、へっぽこ剣士Kayenの日記
夢は大店のあるじ

【Second Life】
Nat Cyberschreiber

【ドラゴンクエストX】
カイエン SK930-647

【黒い砂漠】
シークエル@カルフェオンサーバー

Twitter

月別アーカイブ

権利表記

(C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved.

©Gamepot Inc. "Wizardry®" is a registered trademark of IPM Inc. All rights reserved.
Licensed by IPM Inc. to Gamepot Inc. Wizardry Renaissance™©2009 IPM Inc. All rights reserved.

Copyright (c)XLGAMES Inc. All rights reserved. (c)GameOn Co., Ltd. All rights reserved.

このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。