FC2ブログ

【SL】タイトルが思いつかない

先週末、SLでお会いした某さんに「いつもどこで遊んでるんですかー?」と問われて返事に窮したおいらですコンバンワ。

…っておいらは誰に語りかけてるんだろうか。

このブログ読んでる人なんかいないのに!
アクセス解析してるけど、自分の足跡しか残ってないよ!

そりゃそうだ。
友人知人にも「ブログ始めたよ~」とか言ってないし(恥ずかしいし…)
FC2の新着に表示とかテーマに投稿とかもしてないし(スパムコメントが来るだけという認識)
それよりなにより、検索で来た人がブックマークしておこうと思うような面白いことや役に立つこと書いてるわけじゃないしな!!!!

リアクションは期待していないが、全く誰も読んでくれてないというのは…(つД`)
だけどもう、Webの先の誰かに向かって語りかける、というスタイルでしか文章を書けなくなってる自分だった。

で、話は戻るが、どこで遊んでるって言われても…おいらのSLでの今までの行動に、適切な回答を構成できる要素がないっていうか…
「引きこもってスクリプトいじってます」
言ってはみたけど、そう言うほどスクリプト書いたりしてるわけでも…
案の定「スクリプト得意なんですか?」と返されて恥ずかしい思いをしたのだったorz

まったく、仮想世界に来てまで引きこもりとか。

ところで、今日面白い遊びを思いつきました。
高度1,200メートルのヒミツ基地から、ジャンプして飛び降りて、重力に任せて落下しつつ前後左右に移動して、温泉街にある目的のラッキーボードの前に着地できるか…っていう。

残念ながら今日は、だいぶ離れたところに落ちてしまった。だがこれは面白いので毎日これで行こう…と思いつつラキボの前に歩いていったら、おいらのイニシャルになってた。

1週間ほど通い続けてようやく報われたと言えるが、なんか神様に意地悪された気分だ。こういうバカな真似毎日されちゃたまらんみたいなSLの神様の意志か。
まぁ、間違って誰かのスカイボックスの上に着地したりしたら気まずいしね!…って思ったけど、もしおいらのスカイガーデンに突然空から誰か落ちてきたら、とても楽しいことかも。

で、スカイボックスといえば昨日、素敵なスカイボックスが売り出されてるのを見つけた。モデルルームをみてきたんだけど、とても居心地がよさそう。
そうお高くもなかったので、欲しかったけど、おいらが借りている土地には大きすぎたのと…
ええ、そんな部屋とか買ってまだ引きこもるのかと。
おいらはまだ家とかスカイボックスとか買うときではない!!(;´д`)

日時計開発プロジェクト。
どうやら、太陽は正午に<0,0,1>を通らない。
どうやら、太陽は<1,0,0>から昇らないし<-1,0,0>に沈まない。
どうやら、太陽の軌道の中心は<0,0,0>ではない。

どうすりゃいいんだ(つД`)
スポンサーサイト

| Second Life | 23:27 │Comments0 | Trackbacks0編集

【SL】人数が多いと楽しい

SL世界の太陽と時間の秘密を解き明かすべく、そうだ日時計を作ったらどうだろう?と思いつき、秘密の研究所でプリムとスクリプトをいじくり回していたところ、まれにさんに呼ばれました。Yさんがブリタニアからやってきたそうです。
さらに某自称姫の人とか某自称○○の人とか集まってきて、クラブ(語尾上げ)に連れてってもらって踊ったり、枕屋さんで遊んだり、今日始めたYさんの外見をどうにかしよう!と無料品のモールで大騒ぎしたり。人数多いと楽しいなぁ(´∀`)
枕屋さんで自称姫の人とラブラブっぽい写真を撮ったんだけど、掲載許可取るの忘れたしこれはヒミツの写真にしておこう。うしゃしゃ(*゚∀゚)

んで寝て起きてから日時計の開発再開。暫定でこんなんできた。


あれこれやってみて結局、llGetSunDirectionの戻り値を、大きな球の中心座標に加えた位置に小さな球でも置いたら、天球の表面を移動する太陽の模型が出来上がったと。なんのことはない。
これだけで、「SLの1日における現在の大体の時刻を知る」という目的には充分なんだけどね^^;
さてさて。

| Second Life | 18:07 │Comments0 | Trackbacks0編集

【SL】風と雲と太陽

SecondLife世界での時間がわかる時計を作ろうかなと思った。
なぜかというと、あとどれくらいの時間が経ったら夜になるのか、あるいはどれくらいの時間が経ったら夜が明けるのか、知りたいと思うことがあったから。

おいらはてっきり、SLの世界にはSL時間と言うようなものがあると思ってたんですよ。つまり、現実の何秒がSL世界の何秒に相当するような。で、その時間に合わせて夜になったり昼になったりしてるなら、SL時刻を取得する関数とかあるだろうと思ってたんだが、Wikiを見てもそれらしいのは無い。
あるのは「太陽の位置」を取得する関数。で、「SLのデイサイクルは4時間」とか書かれてました。つまり、太陽は4時間で同じ位置に戻るから、その位置から時刻を割り出せってことですかい?(゚д゚)そりゃ面倒だーとか思ったら、どうもそれだけじゃなかった。

4時間のうち、3時間が昼で1時間が夜であるとか言われている。
えっ。
すると、たとえば、午前3時に日が出て午後9時に日が沈むようなもん?
そりゃ高緯度地方ならそういう時季もあるだろうけど…?

いろいろ人様の書いた物を読んだりしたんだが、「世界の裏側を太陽は3倍の早さで進む」とか「昼と夜では体感時間が違う」とか、結局太陽の位置と時間を結びつけて考えるのは無理がある、ということなのか。

まぁそもそもの目的は、日の入りまでの時間、日の出までの時間を知りたいということだから…
アレだ。江戸時代の、日の出から日の入りまでの間を等分して、季節によって単位時間の長さが変わるとゆーアレにすればいいんだ。何て言ったらいいんだろうアレ。

不定時法というんですか。ウィキペディアで調べた。またひとつ生活の役に立つわけでもない知識を身につけました。

さて、で、その太陽の位置を取得する関数の使い方ですが…
LSLのWikiをはじめ、人様の書かれた物をなんぼ漁っても、「ベクトルのz値が正の値なら昼、負の値なら夜」しかわかんねぇ。
具体的に日の出の位置はなんぼで正午とか日の入りはなんぼになるの!
試しに、叩くとお日様の位置を吐くオブジェクト作って日の沈むちょっと前からぽこぽこ叩き続けたら、なんか予測も付かない値を吐き続けた…(゚д゚)

もうあれか。10分おきにお日様の位置をIMするスクリプトでも入れとくか。



んでまぁ、太陽の位置とか雲の量とか風の向きとかって情報が取れるのが面白いなーって思ったのがこのタイトルになったわけですが。

風向きについては、ヨットレースをやってる方々の書かれた物を参考に…



以前ですとこのように不自然に、風の吹く方向に曲がってたこいのぼり(モドキ)ですが、



こっそりと風向きに合わせ回転するようにして、わりと自然な感じに^^;

アレですね。
三角関数とかベクトルとか勉強したところで人生でなんの役に立つんだと思った高校時代でしたが、役に立つときが来るもんですね。SecondLifeという人生ですが。(´д`)

| Second Life | 16:20 │Comments0 | Trackbacks0編集

【SL】貧○愛好者のためのファッションガイド

題記のような言葉がずっと頭の中にあった。
いや、この記事はそういう内容じゃないです(´д`)
SLで販売されてる婦人用のステキな服は、デコルテっていうの?胸元を顕わにした、おっぱいの豊かな人じゃないと着るのに相応しくないものがどうも多いような気が!
襟元まできっちり覆う服を作るのが難しい仕様なのかもしれないが…
だったらアバターのシェイプをそういう風にすればいい話なんだが、どうも、おいらが着たいと思うそういうデザインの服が似合う女性キャラクターっていうのが、おいらのストックの中に見あたらない。
つまりおいらが着たいと思う服って、フリルとかレースとかゴシックとかロリータとか、そういう系なわけですが、おいらの持ってるイメージでは、少女→スレンダー/豊満→姐さん系 で、胸の大きな美少女キャラなんておいらの世界には存在しないんだ><

それはともかく、大型連休の間に、自分用の下着くらい、自分の好みで作ろうと思って、型紙をダウンロードしてお絵描き頑張ったんですが、フリルとか無理orz うん、おいらにしてはかなり頑張ったと思うんだけど。得たものといえばsaiの制御点の使い方とか!

それはさておき、おいらは結局、借りてる土地での地上生活を諦めて、高度1,200メートルで暮らし始めました。素敵なレトロ温泉街に生まれ変わったSIMにあの掘っ建て小屋はなさすぎるorz



メルヘンなおうちは、「家具カーテン備え付けで8プリム、48L$」というボリューム的にも価格的にも驚異的なお得さで、購入したものであります。

上空での生活は気楽ではありますが、どっちを向いても青い空と白い雲しか見えないのはかなり退屈。
でも、日没から日の出までの時間は美しくて好きです。





そうだ、こういう感じで瞑想できる場所が欲しかったんだわ…

| Second Life | 23:23 │Comments0 | Trackbacks0編集

激動のブリタニアで小動物と戯れる私。

リカルドの調査書を書き写そうとしてがっかりした人は手を挙げてー。

(´・ω・`)ノ ハイ

ということで、昨日はアベリー元隊長にお会いして、リカルドの財宝を探す冒険に行って来たよ。
ていうかリカルド、どうなったんだっけなーと思ってたけど、まったく元気そうじゃないか…

特に危険もなかったので、複数キャラ回してマントとタリスマン1個ずつもらった。
でもそれほど欲しいもんでもないな…レリックの方が有り難いね(´∀`)何個かもらいました。

- - - - -

ここしばらくの出来事を思い出してみる。

ふしぎな白ウサギが出没したね。
ウサギバスケットは、各色何個か手に入れました。

1日目・茶色…3個。
1個2個あればいいか、と思ってたんですが、翌日チャージ回復しないと知って、もっと取らないと!と焦る。が…

2日目・黄緑…2個。
○○○○で、出没場所情報を持ち寄って公開してる方々がいたんで、情報だけいただいて行ったわけだ。
だが3キャラ目の番にしてウサギ移動?
自力で探すこともできないダメっぷり。

3日目・水色…4個。
ウサギはそんなダメダメな一部の冒険者にお怒りだったのだろうか。
でも結局、人様の情報をいただいてやってきたおいらには鉄槌は下されなかった。4キャラ目までは。
5キャラ目に至ってウサギ様のお怒りを受けて断念。

4日目・ピンク…5個。
場所がフェルッカとなると、さすがに誰も居場所を公開してくれない^^;
自力で探さにゃなるまいが、そもそもFロストランドにたどり着く手段が…
ステハイっ子で、Fトリゲートからとことことトリンシックパッセージの入り口まで、迷い迷いどうにかたどり着いて、奇跡的にウサギを発見…ていうか、怒りも鎮まって見つかり易いところに居てくれたんだと思うw
デルシアからほとんど道なりにすぐのとこでした。
PKさんも来やしないし!

ウサギの穴の中

4日目の穴の中には謎の男がいて、書き物机と何かを間違って買ったとか言ってたんだけど、何度目かに来たら、書き物机を持ってきてあげたイキなお人がいたようでw

- - - - -

ウサギといえば、にわとり喫茶で、にわとりにフェレットをけしかけられて、かじられたんですが、
小動物にかじられるのはむしろ幸せ(*´∀`)

とか言ってたら、当のフェレットからリアルの野ネズミにかじられて命に関わりかねない目にあったという怖ろしい体験談を聞かされ、ガクブル。

やっぱりバーチャルって最高ね(´д`;

- - - - -

メソナの家にも行って来ましたとも。
だいたい、前の人を見てれば攻略法がわかるって言うw
蘇生係してくれた方、ありがたかったっす。
NPCヒーラーも居たけど、叫んでばっかで全然蘇生してくれないっていうw

そしてステハイっ子のSolarisは、ウィスプのとこで蘇生してもらって、慌てて回収もせずそばの緑ウィスプに突っ込んだ為、いろいろロスとしてしまいましたwwwまぁ大事なものとかはなかったと思うが。

それで懲りたので、メソナパイは2個しかもってません。

- - - - -

いわゆる土地クエ…は、ランタンもらってクリスタル埋めるところまでだけ、Kayenしかやってないな。途中まで。アビスの土地も速度マントもそれほど欲しいと思わなかったが、ランタンはできれば全キャラに欲しいと思いつつ。っていうか霊性のランタンは今でももらえるのかな?っていうか、詠唱可ランタンでさえあればいいなら今、労せずもらえるじゃないかっていう^^;
まぁ、「霊性のランタン」って書いてある方がいいんだけども。

- - - - -

話はリカルドの調査書の件に戻りまして、「速度マント」をくれるのがミナクスの部下だけだとしたら、速度マント欲しさにミナクス様に付く人は多いでしょうな。
神(EA)は我々を試しすぎだと思います。
もしかしてミナクス様が勝ったら、トラメルも今のFルールになったりしてwww

ところでウチに煮え切らないキャラが一人。
悪の様式美を目指しながら、PKもできない、ミナクスに従うつもりでもないというネクロマンサーのIllusiaです。
彼女は葛藤の末に、「貰えるものは貰おうというだけのことですわ」とブリタニア城に赴いてご褒美をもらってきました。

ただのヘタレキャラじゃねぇか…orz

| Ultima Online | 16:41 │Comments3 | Trackbacks0編集

| main |

プロフィール

Sequel

Author:Sequel
Hokutoの鍛冶屋。
まぁもっぱら、へっぽこ剣士Kayenの日記
夢は大店のあるじ

【Second Life】
Nat Cyberschreiber

【ドラゴンクエストX】
カイエン SK930-647

【黒い砂漠】
シークエル@カルフェオンサーバー

Twitter

月別アーカイブ

権利表記

(C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved.

©Gamepot Inc. "Wizardry®" is a registered trademark of IPM Inc. All rights reserved.
Licensed by IPM Inc. to Gamepot Inc. Wizardry Renaissance™©2009 IPM Inc. All rights reserved.

Copyright (c)XLGAMES Inc. All rights reserved. (c)GameOn Co., Ltd. All rights reserved.

このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。