FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

【DQX】ダークドレアムとの戦い

金曜日にの夜に、ナルビアに飛んで緑玉出した途端にウズメさんに誘われましたw
3時間以上かかって、数えてなかったけど4~5戦目くらいでやっと勝てた…(たぶんこのへっぽこバトマスがいなければすぐ勝てたんだろうけど(´д`)
まぁ攻略法とかおいらに語れることはなにもないですね!

20150321-0144_236263549.jpg
脱ぐのに躊躇がないのは北斗出身ですから。

どうぐ使いさんが範囲化でラブチョコ使ってたので、ここぞ使いどころか!と、バザーに出せず持てあましていたラブチョコを押しつけました(´∀`)
スポンサーサイト

| ドラゴンクエストX | 21:40 │Comments0 | Trackbacks0編集

【DQX】知の祝祭

初回に参加してきた!(゚∀゚)

…っていうか、数人ずつ集められて正解と思うエリアにつっこむという、
ウルトラクイズ予選方式とは思わなかった…
答えがわからなくても、他の人に付いていけば大体当たるんじゃね?!
っていうか実際、ほとんど答えがわかりませんでした。問題難しすぎ!(´д`;

例題として出た、勇の民とはどの種族?みたいなストーリーに関する問題だったらけっこうわかっただろうと思うんだけど…

実際に出たのは
・道具で使うと○○の効果がある武器は?
・庭具○○のエフェクトは?
・討伐モンスターリストのまめちしきに関する問題
・ダンジョン内でルーラが使える場所についての問題
・レテリオさんに関する問題
・モンスターの行動に関する問題
(出題順は忘れた)

自力で正解したのは2問だけです(´д`; ルーラできる場所とレテリオさん。
あとのうち2問は、全然わからなかったのでみんなについていって正解、
1問は、全然わからなかったのでみんなについていったのになぜか不正解
最後に出された1問は他の人たちにとっても難問だったようで、みんなの答えもまちまちだったので、せいぜい自分で考えましたが不正解でした。
結果、ギリギリクリア。

結局これはアレだね。
ランダムマッチングで同じ部屋に集められた人の中には、バトルを熱心にやり込んでる人、ストーリーを詳しく把握している人、ハウジングに熱心な人など様々な傾向の人が揃っているだろう。だから、DQXに関する問題と一言に言っても様々な方向性の問題を出したところで、誰かが正解を出せるだろうと。
そういう意図でこういうシステム(ウルトラクイズ予選方式)とし、みんなで相談しながら全員クリアにたどり着けるようにと、色々制限されてる中においてチャットは可にしたということですよね?
決して、1人であらゆる知識を持っていることを要求しているのではないと思う。

でも残念ながら私の参加した組ではみな無言でした(^^; 制限時間30秒って相談するには短すぎるんじゃないかな。

始まる前の待合室では白チャット盛り上がったんだけどねーw
30分前に入ったら、何もすることがなくて早く来すぎたなーと思ってたら、「問題予想しよう」とか徐々にチャットが飛び交い始めて、やがて「しりとり」で盛り上がりましたw
開始時刻まぎわになると、「いよいよだね」「楽しみだね」といった期待の言葉で白チャットは最高潮。
「ニューヨークへ行きたいかー!」
これは言っとく雰囲気だと思いましたが、今はウルトラクイズと言えばジャストミート福澤という人が多いんだなーと知ることとなりました。私にとっては福留さんなんですが。
この時点で本当にウルトラクイズ方式とは知らなかったんですけどね、当初は「アストルティア横断ウルトラクイズ」という企画だったと言われたら納得します。

あー。
ミステリークエストもそうだったけど、これまでのパターンとか無視した遊びを提供してくるっていうか、そういうのはとてもいいねと思った。

で。
なんとなく、ドラクエ7の最初が、それまでにない感じですごく感動したことを思い出したんだよね…
ドラクエ7は結局クリアしてないし、感動したことだけ覚えてて、どんな内容だったか思い出せないので、当時その感動をホームページ(笑)に書いた覚えがあったので、それをやっと探し出してきた。
以下がその文章。まんま引用。日付は 2000/9/3(Sun)

[TVゲーム] ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち
さすが、いいっすよ。久しぶりだなぁこんなにRPGな感覚。
ゲーム開始からしばらく戦闘がない。謎解きだけで話が進む。ここんとこでハマりました。そうRPGって戦闘で経験値上げるゲームのことじゃないよねそもそもは。やってくれますわ~。
あまりハードの性能に踊らされてないし(ちょっとはアレだけど)。ワタシの中でのドラクエ信仰は今回も崩れなかったのでありました。

以上。

上記で「ハマりました」と言っているのは、今で言う、不具合や手詰まりでゲームが進められなくなるという意味の「ハマり」ではなく、当時の言い回しで、「とても気に入った」「夢中になった」というような意味合いですw今だったら「ツボに入った」でしょうかw

何かもっとくどくど書いてたような気がしてたんだけど、これだけだった。
とにかく、それまでの当たり前のパターン通りでないものを作ったことが、とても素晴らしいと感じた。
でも、私が「ハマった」この内容が、けっこう評判が悪かった、というような話も聞いたんだよね。で、最近のリメイクでは手直しされたというように聞きました。
まぁでも、いいと思う人が少なかったんならしょうがないか。

それでも、パターンを破って今までに無い遊びを出してくるっていうことはとても良いと思う。これからもいろいろやって欲しいですね。

| ドラゴンクエストX | 23:14 │Comments0 | Trackbacks0編集

| main |

プロフィール

Sequel

Author:Sequel
Hokutoの鍛冶屋。
まぁもっぱら、へっぽこ剣士Kayenの日記
夢は大店のあるじ

【Second Life】
Nat Cyberschreiber

【ドラゴンクエストX】
カイエン SK930-647

【黒い砂漠】
シークエル@カルフェオンサーバー

Twitter

月別アーカイブ

権利表記

(C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved.

©Gamepot Inc. "Wizardry®" is a registered trademark of IPM Inc. All rights reserved.
Licensed by IPM Inc. to Gamepot Inc. Wizardry Renaissance™©2009 IPM Inc. All rights reserved.

Copyright (c)XLGAMES Inc. All rights reserved. (c)GameOn Co., Ltd. All rights reserved.

このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。